前へ
次へ

肩こりからの病気も疑おう

肩こりではなく、もしかすると「首の神経痛」かもしれません。整形外科での診断によれば、頚椎の椎間板が変性することで、肩甲骨の内側に痛みが現れるため、目安は痛みだといいます。変性から頚椎内で神経の圧迫があることも肩こりに繋がっているようです。また、緊急性のある「頚椎後縦靱帯骨化症」を患っている患者さんの多くが、肩のこりに悩まされていたといいます。肩まわりに違和感が生じるのなら、様々な疾患が関わっていることにも注意しましょう。特に、長期化しているならば、早めに専門医の診察を受けましょう。しかし、通常のこりは縮まったり緩んだりする筋肉運動による問題をクリアにすれば緩和できます。筋肉の中の血管の血流がスムーズであれば、頭痛やこりも起こりにくくなります。特に現代人、スポーツ選手などのオーバーユースでない限りは、姿勢を正すことが予防策として絶大なる効果を発揮するといいます。立ち姿、歩行、寝姿勢、どれをとっても矯正によって整えることができますが、クセをとることを優先させなければ効果も半減しますから、まずは修正させましょう。

Page Top